青空とともに生きる

気になる最近の病気ーがん・腎臓病

Pocket

環境・健康へ戻る     HOMEへ

今、癌になる人が2人に1人。死亡する人が3人に1人とあちこちで一般的に言われていますね。全国健康保険協会のサイトを見ると、やはり、同じ数字を掲載してます。参考になりそうなので、読んでみました。

私たちの体は約60兆個の細胞でできており、細胞は絶えず分裂することによって新しく生まれ変わっています。細胞分裂は、細胞の設計図である遺伝子をもとにコピーされることで起こりますが、発がん物質などの影響で遺伝子が突然変異し、「コピーミス」が起こることがあります。このコピーミスが「がん」のはじまりです。ただし、コピーミスが起きても、すぐにがんになるわけではありません。健康な人でも1日約5,000個のコピーミスが起こっているといわれています。通常、コピーミスで生まれた異常な細胞は、体内の免疫細胞の標的となり、攻撃されて死滅します。ところが、免疫細胞の攻撃を逃れて生き残る細胞がいて、「がん細胞」となります。それらが異常な分裂・増殖をくりかえし、10~20年かけて「がん」の状態になります。」

厚生労働省サイトから 

がんは、我が国において昭和56年より日本人の死因の第1位で、現在では、年間30万人以上の国民が、がんで亡くなっています。また、生涯のうちにがんにかかる可能性は、男性の2人に1人、女性の3人に1人と推測されています。厚生労働省としては、国、地方公共団体、また、がん患者を含めた国民、医療従事者及びマスメディア等が一体となってがん対策に取り組むことにより、「がん患者を含めた国民が、がんを知り、がんと向き合い、がんに負けることのない社会」の実現を目指すことを最大の目標として、様々ながん対策を講じているところです。・・・・厚生労働省人口動態統計によると、平成19年の年間死亡者数は110万8,334人です。このうち、33万6,468人(男性:20万2,743人、女性:13万3,725人)の方が、がんにより亡くなっています。このため、「日本人の3人に1人ががんで死亡している。」とも言われています。

だけど、これって、普通に考えてみて、大変なことではないですか?政府も国民も「おかしい!!!」と言って、何故声を上げないのか?あまりに不思議すぎる。

ところで、最近、腎臓病も多くなっているような気がするので調べてみました。あるクリニックのサイトがありました。日本腎臓学会のデータを紹介してました。

「慢性腎臓病(CKD)は、腎臓の働きが慢性的に低下していく病気で、その患者数は1300万人を超えると言われます。実に、成人の8人に1人が慢性腎臓病ということになります。それが新たな国民病といわれるゆえんです。」

厚生労働省が3年ごとに実施している「患者調査」の平成26年調査によると、慢性腎不全の総患者数(継続的な治療を受けていると推測される患者数)は29万6,000人という結果となっている。性別にみると男性18万5,000人、女性11万人という結果でした。
しかし、このサイトによると、日本腎臓学会が行った第51回日本腎臓学会学術総会で、腎臓機能を評価するための新たな推算式であるeGFR式が発表され、軽度の患者数も含んでいるということで、2008年のデータで約1330 万人という数字が明らかになっています。


 

Cr 値が 1.00 mg/dL の男性は、全員異常なしと診断され
ていましたが、eGFR 式の利用により、同じ Cr 値でも 20 歳男性ならば、eGFR 82.1ml/分/1.73 ㎡(=健康に問題ない軽度の腎障害)、70 歳男性ならば eGFR 57.3ml/分/1.73 ㎡(=中程度の腎機能低下)と、より細分化した正確な診断が行えます《さらに70歳女性では同じCr値1.00でもeGFRは42,4 ml/分/1.73㎡となり、すでに腎機能は半分以下にまで低下していることになりま
す》。ー 日本慢性腎臓病対策協議会のNews Release から


 

私は、公的数字を重視しますが、この数字の乖離は、データの対象とする定義が異なるとはいえ、あまりに違いすぎます。どういうこと?何故腎臓病が増加しているの?腎臓ってどんな臓器なの?
参考:日本腎臓学会サイト、ある医療機関のサイト、厚生労働省のサイト、日本慢性腎臓病対策協議会のNews Release
PAGETOP
Copyright © 青空 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。