青空とともに生きる

野鳥とは何?

Pocket

鳥たちへ戻る     HOMEへ

小学生の頃(昭和40年頃1965年頃)、家で小鳥を飼っていました。確か「十姉妹」だったと思います。あれは姉が飼っていたのかな?人の手により作り出された家禽だそうで、江戸時代に中国から輸入されたものが先祖。つまり、野生にはいないそうです。
野鳥とは、十姉妹のような人に飼われている家禽以外の野生の鳥という意味ですね。

[野鳥の種類は?]

日本には、約550種類くらいいるそうです。留鳥・漂鳥・渡り鳥(冬鳥、夏鳥、旅鳥)・迷鳥に分類されます。これらの中で、渡り鳥は6割から7割近くまでを占めています。

[留鳥とは?]

留鳥(りゅうちょう)は、年間を通して同じ場所に生息し、季節による移動をしない鳥のことを言います。次のような鳥です。
カワラバト、キジバト、メジロ、ハシブトガラス、スズメ、キジ、ヤマドリ、フクロウ、ウグイス、イワヒバリ、オオトラツグミ、エゾライチョウ、カンムリワシ、エナガ、コサギ、コアカゲラ、セイタカシギ、チョウゲンボウ、ダイサギ、ヤマセミ、カワラヒワ、カワガラス、ハクセキレイ、セグロセキレイ、キバシリ、サンカノゴイ、シメ、ハシボソガラス、イソヒヨドリ、ゴジュウカラ、ギンザンマシコ、クロサギ、タマシギ、カワラバト、カワウ、コゲラ、オナガ等。
四季を通じているわけだから、暑さも寒さも耐えられる環境の変化に強い鳥なのかな?

[漂鳥とは?]

漂鳥(ひょうちょう)は、暑さ、寒さを避けるため、夏は山地、冬は平地、と言うように繁殖地と越冬地を区別して日本国内を季節移動する鳥です。
ウグイス、ヒヨドリ、ホオジロ等。(生息地によると留鳥の場合もある。)

[迷鳥とは?]

迷鳥(めいちょう)は、悪天候などの特殊な事情で迷って飛来した鳥のこと。群れからはぐれた渡り鳥のが多い。まれに他の地域の留鳥が迷鳥になることがあるそうです。・・・分かる!群れからはぐれた渡り鳥といえば、人間の場合は、仲間はずれにされた人や自ら集団から一人離れて行動する人のことを言うと思うけど・・・。ちなみに、渡り鳥はぐれ鳥は沢田研二の42枚目のシングルだそうだ。何と「はぐれ鳥」が絡んだ歌のタイトル結構多いね!!関係ないけど・・・。

迷鳥が確認されると、バードウォッチャーが集中して観察に訪れることがある。やっぱ珍しい鳥が見れますからね。石川県舳倉島や長崎県対馬、山口県見島などの日本海の離島は、渡り鳥の中継地点であるために、他の鳥の群れに混じるなどして、珍しい迷鳥が観察されるポイントになっているそうだ。
アカガシラサギ、アネハヅル、アメリカヒレアシシギ、アメリカホシハジロ、イエガラス、インドガン、オオグンカンドリ、カタシロワシ、カナダヅル、カラフトアオアシシギ、クロウタドリ、クロツラヘラサギ、クロハゲワシ、コスズガモ、サバクヒタキ、シジュウカラガン、シベリアオオハシシギ、シラガホオジロ、シロハヤブサ、ニシコクマルガラス、ハイイロペリカン、ハクガン、ヒメハジロ、ヒメクビワカモメ、ミヤマシトド、ドリギツグミ、ミツユビカワセミ、ミナミメンフクロウ等。

[渡り鳥とは?]

渡り鳥(わたりどり)は、食糧、環境、繁殖などの事情に応じて定期的に長い距離を移動(渡り)する鳥のことです。渡り鳥は、渡りをすることによって、一年中、自分の体に合う環境で生活することができるという訳ですね。というか、特定の環境でしか生活できない体のつくりをしてるから、留鳥になれないのですよね。それに、親鳥がそんなだから、特に幼鳥は、少しの環境の変化にも耐えることができないだろうからね。例えば冬鳥は寒いところが好きなのに、何でわざわざ日本の冬に命がけで渡ってくるのか?以前から不思議だったけど、それは、寒さも自分の体に合う温度(環境)じゃないとダメ。餌もなくなり、寒すぎるのもダメなのよね。

冬鳥 主として越冬のために日本より北の国から渡ってきて、やわな冬を日本で過ごし、冬が終わると再び繁殖のために極寒が終わった北の国に渡って行く鳥。ツグミ、ジョウビタキ、ユリカモメ、マガモ、オオハクチョウ、マナヅル、オオワシ等。

夏鳥 主として繁殖のために日本より南の国から渡ってきて、やわな夏を日本で過ごし、繁殖期が終わると再び猛暑が終わった南の国に渡って行く鳥。ツバメ、アマサギ、オオルリ、キビタキ、クロツグミ、ハチクマ、サシバなど。

旅鳥 日本より北の国で繁殖し、日本より南の国で越冬するため、渡りの移動の途中に日本を通過して行く鳥。主として移動時期である春と秋に見られる。シギ、チドリの仲間に多い。

[そもそも渡りとは?]

渡り(わたり、英: Migration)は、生物がその生息地を移動すること。その移動が周期的に規則正しく、主に季節的に陸上あるいは空中を移動する現象を渡りという。水中の生物の移動は一般に回遊と呼ばれている。・・・渡りのhide(私)も勉強になりました。

[渡りのパターンと渡る生物の種類は?]

渡りには、生物の一生のうち何回も同じ移動サイクルを繰り返す移動から、自分の生まれた場所に戻ってきてそこで死滅する一回だけの移動もあります。移動パターンにはさまざまあることが観察されてます。鳥類、魚類、哺乳類にとどまらず、プランクトンなどの無脊椎動物、昆虫、両生類、爬虫類でも渡りが見られるそうですよ。・・・みんなで渡れば怖くない??

[なぜ方向が分かるの?]

いつだったか、夏休みの自由研究で、「なぜ伝書鳩は自分の鳩舎に戻ってこれるのか。」をテーマにしたことがある。そんな難しいことテーマにした私はおバカとしか言いようがない。
これは、昔からの学術的な研究テーマなのです。

単細胞生物を含めた多くの生物が光に反応する光受容細胞をもっており、この機能を利用して移動の方向を定めていることが知られている。つまり、鳥類の方向定位は、太陽や星、星座など天体を利用していることがさまざまな実験から分かっている。さらに鳥類は川や海岸線などの地形上の特徴ある線も移動に利用していることが観察されている。

魚類ではサケが母川回帰することはよく知られており、それは嗅覚を利用して生まれた川のにおいを記憶していることが分かっている。でも、一回だけの真剣勝負だよ。すごいね!

[具体的に?]

進路は、三段階ほどの過程を経て決定されていると考えられている。
第一段階では、ある時間にある方向に向かって飛ぶことを何度か繰り返し、目的地から数百kmほどのところまで進む。(太陽や星の配置)
第二段階では、生まれながらにして持つ地図(磁場)と大まかな地形などを頼りに目的地まで数kmのところまで進む。
第三段階では、細かな地形や環境の特徴を頼りに最終目的地まで到達する。移動の途中での経験を積み重ね精度を高めていくのではないか? と思われる。

[夜はどうするの?]

結構、休まず飛び続けるみたいですね。でも、渡りの途中に中継地点になってるような島があって、多くの渡り鳥がそこで休みます。そんな島に野鳥を見たり、撮影しに行く人も多くいるそうですよ。
鳥目といいますが、これは人間が勝手にそんな言葉を作って、夜盲症という病気とからめて表現してきたようです。人に飼われている鶏は夜見えにくいようですが、たいていの野鳥は夜も見えてます。だから、夜も飛びます。小さな野鳥ほど、昼間にワシ・タカ・ハヤブサなどに襲われやすいので、夜渡ることが多く、比較的大きな鳥は昼間に渡るそうですよ。あるデータによると20%は命を落とすとあります。

PAGETOP
Copyright © 青空 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。