青空とともに生きる

甘酒で美肌

Pocket

食品をよく知って健康に!へ戻る     HOMEへ

1 甘酒の種類
甘酒は2種類ある。米と米麹で作られるノンアルコールのものと砂糖を入れて酒粕を使ったアルコールの甘酒です。肌に良いのは、米と米麹で作られた方。甘みは、発酵の過程で麹菌が米のでんぷんを分解することによって生じるブドウ糖です。

2 成分と効能
米麹に含まれるエルゴチオネインという成分は、ビタミンCよりも強い抗酸化作用があり、肌の老化を抑制したり、紫外線を受けても炎症しにくい効果があるようです。また、麹菌は、一緒に摂った栄養の消化吸収を助けてくれる働きもあるので、胃腸にも優しく、夏バテにも良い。アミノ酸ビタミンB群ミネラル、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれる食物繊維、オリゴ糖が豊富に含まれています。

腸に良いので、便秘の予防や解消に役立つし、免疫力を高める効果もある。皮膚の状態を整える働きのあるビオチンを含んでいるので、目の下のくま、肌荒れ、しみやくすみにも効果的です。

3 日本人の体に合う
長い間、日本人の腸を支えてくれた麹菌を体内に取り込むと、きっと腸は安心するはずです。私は毎日、スーパーで見つけた甘酒を買って飲んでいます。そんなにたくさん摂取しなくてもいいと思います。朝にコップ半分以下でよいと思います。
ただし、市販のものは、65℃以上での加熱処理をしているそうなので、時間のある人は自分で作ってみても良いのでは?米と米麹を準備してこれから挑戦しようと思っています。

添加物の入っているものもありますので、必ず原材料をご覧ください。

*この商品をスーパーで見つけてから利用しています。これ1袋に400mlの水を入れて混ぜます。煮立ててもいいし、そのままでも大丈夫です。大麦フレークを入れて食べてもよし。手ごろな価格なので、いつも飲んでいます。

●【イチビキ】【あま酒】 330g 【甘酒】 甘酒米麹 甘酒ノンアルコール 砂糖不使用

価格:257円
(2019/1/5 18:19時点)
感想(0件)

PAGETOP
Copyright © 青空 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。